全国建設企業年金基金

給付のしくみ

給付の種類

給付種類

支給要件

老齢給付金
(年金または
一時金)

加入者期間
15年以上

退職による
資格喪失

50歳未満で資格喪失した方が60歳に達したとき

50歳以上で資格喪失したとき

退職以外の
資格喪失
(65歳到達・
任意脱退等)

60歳未満で資格喪失した方が60歳に達したとき

60歳以上65歳未満で資格喪失した方が65歳に達したとき

65歳に達したとき

脱退一時金
(2号)

65歳未満で資格喪失した方
ただし、50歳以上で退職により資格喪失した方を除く。
(老齢給付金の支給要件の年齢要件を満たさない年金待期中に請求する一時金)

脱退一時金
(1号)

加入者期間
15年未満

加入者期間1ヵ月以上15年未満で、資格喪失したとき

遺族一時金

加入者期間1ヵ月以上で、次のいずれかの期間に死亡したとき

  1. 1. 加入中
  2. 2. 年金待期中
  3. 3. 年金または脱退一時金繰下げ中
  4. 4. 年金受給中

(注1) 老齢給付金を年金で請求された場合、年金受給開始から5年経過後は年金に代えて一時金として受給することも可能です。(支給期間を10年、20年を選択した方のみ)
年金支給開始後に一時金を希望される方は基金事務局までご連絡ください。

(注2) 脱退一時金の1号と2号は当基金規約第62条(脱退一時金の支給要件及び支給方法)の規定に由来します。